意外と知られていない心理学の話。

よく言われている「操作の心理学」ではなく、学問としての心理学(主に臨床心理学)について書いていきます。このブログにより、世間一般の認識と実際とのズレを知ってもらい、少しでも多くの人が周りの人を思いやり、支援し合えるような社会になる手助けになればと思います。よろしくお願いします。

内発的動機付けの話。

 

 

お久しぶりです。

 

 

 

少しばかり投稿したい内容を思いついたので

書いてみようと思います。

 

 

テーマはタイトルにもある通り、

内発的動機付けについてです。

 

 

内発的動機付けとは…

外からの具体的な報酬(金銭など)なしに

自らの内面から湧き出てくるような

やる気やモチベーションのこと。

 

 

 

まず皆さんに質問です。

仕事でも勉強でもなんでもいいです、

目標はありますか?

 

また、その目標に向けて

どんなことをしていますか?

 

 

目標を達成するための取り組み方は

人それぞれだと思います。

自分なりのやり方というのを

見つけることも大切です。

 

 

 

しかし、どんな目標を達成するにしても

それまでの課題は三つの領域に

分けられると僕は考えます。

 

 

それは、

  1. やりたいこと(want to do)
  2. やるべきこと(should do)
  3. やらなければいけないこと(have to do)

 

 

の三つです。

『何を当たり前のことを…』

と思われる方もいるかと思います。

 

 

ただ、この三つの課題に取り組む上で

大切なのが、テーマにも挙げた

内発的動機付けです。

 

 

その理由を説明するために、

また少しだけ心理学的専門用語の

説明をしたいと思います。

(やっと、ぽい内容になります)

 

 

ここで説明する専門用語は

 

  1. 外発的動機付け
  2. エンハンシング効果
  3. アンダーマイニング効果

 

 

の三つです。

順番に説明していきます。

 

まず、外発的動機付け。

外発的動機付けとは…

内発的動機付けとは逆に、外から具体的な報酬が得られることがやる気やモチベーションに繋がっているような場合のこと。

 

 

次に、エンハンシング効果。

エンハンシング効果とは…

ある行為に対する内発的動機付けが低い(自発的なやる気やモチベーションが低い)場合に、まず外からの具体的な報酬を与えることでその行為に対するモチベーションを高め、その行為や小さな目標を達成するたびに報酬を与え続けることで、次第に内発的動機付けが高くなっていくこと。

 

 

最後に、アンダーマイニング効果。

アンダーマイニング効果とは…

エンハンシング効果とは逆に、元々内発的動機付けが高い(ある行為に対して、何の報酬もなしに自発的にやる気やモチベーションがある状態)場合に、外からの具体的な報酬を与えることで、どんどん内発的動機付けが低くなり、報酬なしにはその行為に取り組まなくなること。

 

 

 

 

専門用語の説明は以上です。

 

ではこれから、この三つの用語を用いて

先述した目標を達成するための

三つの課題との関係性について述べます。

 

 

 

 

先ほど僕は

  1. やりたいこと(want to do)
  2. やるべきこと(should do)
  3. やらなければいけないこと(have to do)

 

の三つが、目標を達成する上で

大切だと述べました。

 

 

では、この三つを内発的動機付けが

高い順に並べるとどうなるでしょうか?

 

 

  1. want to do(高)
  2. should do(中)
  3. have to do(低)

 

 

となります。

ということは、

外的報酬の必要性の順で並べれば

 

 

  1. have to do
  2. should do
  3. want to do

 

 

となります。

 

先ほど説明した

エンハンシング効果と

アンダーマイニング効果のうち

ポジティブな方へ向かうのは

エンハンシング効果です。

 

内発的動機付けが低い

 

つまり

 

『あまりやる気が出ない

けどやらないといけないこと』

 

にエンハンシング効果を用いれば

勝手にやる気が出てくる、

つまりこまめに外的報酬を与えて

内発的動機付けを高めればいい

ということになります。

 

 

 

これとは逆に

アンダーマイニング効果では

報酬を与えることでやる気がなくなるので

やりたいことに外的報酬を与えることは

避けた方がいいことがわかります。

 

 

 

 

つまり、

やらなければいけないこと

外的報酬をこまめに与える

 

(可能ならやるべきことにも少しだけ

報酬を与えてもいいとは思います)

 

 

ことが、目標達成においては

重要だということです。

 

 

 

 

そして更に大切なことは

(むしろ僕が言いたいのはこちらな気がする)

 

 

目標を達成する上では、やらなければいけないことをいかに楽しみながらやれるか

 

 

ということです。

人間、やりたいことは勝手にやります。

それだけやってればそら楽しいでしょう。

 

 

しかし、どんな活動や仕事でも

上で述べた三つの課題は

必ず目の前に現れます。

(これは言わなくても誰しもが感じでいること

だと思いますが、一応)

 

 

 

そのときに

やらなければいけないこと

やるべきこと

を、どれだけ楽しみながら

取り組めるか?

が、何かを達成する上では

かなり重要なファクターになると

僕は思います。

 

そして、それができる人は

大抵のことに楽しみながら取り組めます。

 

 

ということはつまり

多少しんどくても楽しめるような

自己管理能力

セルフコントロール能力

があるということです。

 

 

 

これは何をするにおいても

有利に働くのでは、と思います。

 

 

 

もちろん

無理してテンションを上げろとか

無理して飲みに行けとか

そういうことを言いたいのでは

ありません。

 

 

 

 

やる気が起きない事柄に対して

 

やる気を上げる術を心得ているか

 

ということです。

 

 

 

客観的に

 

『何か調子出ない…』

『今日やる気起きないなー』

 

ってことが自分で把握できて、

 

『じゃあ今日はこうしよう』

 

って対策をいつでも

打てるようにしておくことが

 

仕事の効率も上げ

周りの人にも配慮でき

なにより

自分を元気にできる

安心できる

 

ことに繋がる、ということです。

 

これをわかっているだけでも

物事に取り組むハードルが

かなり下がることになるので、

 

色んなことに挑戦できるようになります。

 

上手くいかなくても、

少し調子が悪いときでも、

 

「なんとかなる」

「なんとかできる」

 

という余裕が心に生まれます。

 

その余裕から

冷静な判断や素晴らしいアイデア

生まれます。

 

 

 

 

 

長くなりましたが、

めちゃくちゃ簡潔にまとめると

 

 

目標を達成する上で

やりたくないこと』

『やらなければいけないこと』

には何かしらの

外的報酬を与えて

モチベーションを高めろ!!!

 

 

 

ということです。

6行で終わりました。笑

 

 

また、専門的な知識を用いて

わかりやすく心理学について

説明していこうと思うので

興味を持って頂けると嬉しいです。

 

 

最後に

 

読んで頂きありがとうございました。

次回もお楽しみに!